ニキビ洗顔

TOP > お役立ちコラム > 教えて!!正しいケア「ニキビ洗顔」

まずはニキビ予防の基本、正しい洗顔法を知ろう!!

ニキビを予防、改善するには正しい洗顔が大切。
むやみにゴシゴシこすったり、石鹸をよく泡立てずに肌に伸ばしたり、肌に合わない洗顔料で一日に何回も洗顔したり……こうした誤った洗顔は肌を傷つけたり必要以上に皮脂をとりすぎてしまい、かえってニキビを悪化させる原因にもなります。


正しい洗顔法

  1. あらかじめ髪が顔に当たらないよう、タオルやヘアキャップなどでまとめておきます。
  2. 熱めのお湯(40~50℃)で蒸しタオルを作り、2~3分顔に当てて毛穴を開かせます。
  3. ぬるま湯(乾燥肌の人は30~34℃、オイリー肌の人は34~38℃)で顔を素洗いします。
  4. ぬらした手で洗顔石鹸を十分泡立て、きめ細やかな泡を作ります。専用の泡立てネットを使うのもオススメです。
  5. 流れ額→こめかみ→眉→鼻→目の周り→頬→口の周り→あご→首すじの順に洗います。
    決してゴシゴシこするのではなく、指の腹を使って泡を転がす感じで洗顔しましょう。(イラスト参照)
  6. ぬるま湯で隅々までしっかりと洗い流します。特にこめかみ、あご、首すじは洗い残しがちなのでご注意を!!
  7. 洗顔後、指の腹で触ってツルツルしていればOK。ヌルッとして脂が残っている場所があれば、その箇所だけ再度やさしく洗いましょう。
  8. すすぎが終わったら、清潔なタオルでやさしく水気をふき取ります。ポンポンと肌を軽くたたく感じでふき取りましょう。