睡眠不足

夜10時~深夜2時は肌のゴールデンタイム!!ニキビ予防には早寝が正解

睡眠不足はニキビの原因のひとつ。肌を美しく保つ新陳代謝は寝ている間が最も活発に行なわれるため、睡眠が少なくなれば、当然肌が新陳代謝にかける時間も少なくなってしまいます。

日中に受けた紫外線やホコリ、乾燥などのダメージをきちんと回復するためにも、十分な睡眠は重要なのです。

最低でも6時間の睡眠をまた、睡眠が足りなくなり生活リズムが崩れると、自律神経やホルモンバランスも乱れて、毛穴に皮脂や角質がたまりやすくなります。同時に免疫力も落ちてしまうため、ニキビ菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。肌のためには最低でも6時間、特に新陳代謝が活発になるという夜10時~深夜2時頃までは、できる限り睡眠をとるように心がけたいもの。

また、質の良い睡眠をとるために、自分に合った熟睡法を見つけることも大切です。毎日早く寝るのは無理だという方は、まず週1回から早寝の習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

睡眠は大切!

女性にとっては、お肌の弾力やハリの衰えはいやなもの、疲れやストレスから寝付きが悪くなると美容と健康によくありません。
特に、老化現象というのは、成長ホルモンが年齢と共に減少するためといわれています。睡眠中はヒト成長ホルモンの分泌に大切です。
また、良質なアミノ酸をとる事も大切です。

APPSプラスE

理想のお肌で素肌美人へ

理想のお肌