化粧品の選び方

化粧品の選び方

肌に直接触れる化粧品こそ、肌との相性と使い方を吟味して

使用コスメは刺激の少ないものを

ニキビ肌への化粧品は、できる限り刺激の少ないものを選ぶのが鉄則。アルコールの入った化粧水の使用や、油分の多いファンデーションなどで毛穴をふさぐのは絶対にNGです。また、ふき取りタイプのパックやマッサージクリームも肌に負担をかけるので、ニキビがあるときは使わないのが基本。

化粧水や乳液は自分の肌に合ったものを選び、夏と冬では基礎化粧品も変えて使い分けるとよいでしょう。

このほか、化粧品に含まれる防腐剤、殺菌剤、着色料などが肌トラブルの原因になるケースもあります。化粧品の表示をきちんとチェックして、肌に負担をかけないものを選ぶことが大切です。

ノンコメドジェニックとは?

ノンコメドジェニックという言葉を聞いたことはありますか?
簡単に言いますと、ニキビができにくい成分でつくられた化粧品の総称です。
アクネ菌の増殖を促進させない油性成分で、毛穴が詰まりにくいのが特徴です。

このような化粧品には、「ノンコメドジェニック処方」、「ノンコメドジェニックテスト済み」といった表記がされていますが、「ノンコメドジェニックテスト済み」の方が、より信頼度が高いと考えてよいでしょう。
他にも「オイルフリー」の記載がされている化粧品もオススメですよ。

やってみよう!肌タイプ診断

エクセレントメディカルはお客様のお肌にあった化粧品をオススメしてますが、エクセレントメディカル e-みのりの人気コスメランキングが気になりませんか?
1位 エンビロン ~ビタミンA で美しく
エンビロンは、院長の橋本による電話カウンセリングが必要です。美容皮膚科院長である橋本がお客様のお肌やお悩みに応じたエンビロン化粧品をオススメしております。

エクセレントメディカルで最も歴史が古く、多くの皆さまに相性されている飲む美容液ピクノジェノールも併用して体の内外からキレイになってください。