肌タイプの勘違い

オイリー肌?乾燥肌?肌タイプ診断からニキビ予防がスタート

洗顔後のケアは大切ニキビ肌の原因を、自分はオイリー肌だから、と思っている人は多いはず。そのため、油分が少ないさっぱりタイプの化粧品を選んだり、ひどい人は洗顔後の化粧水や乳液さえも油分を気にしてつけなかったり……。

しかし、ここが大きな間違いのもと!!

大人ニキビに悩む人に多いのが、肌表面は脂っぽいのに肌の中は乾燥してカラカラという「隠れ乾燥肌(インナードライ肌)」。肌は乾燥すると、これ以上乾燥を進行させないように油分を出して肌を守ります。

隠れ乾燥肌(インナードライ肌)隠れ乾燥肌の方はこの油分が肌表面を覆っているため、一見オイリー肌だと勘違いしてしまう状態。肌表面に油分があるため、かさつきや突っ張りを感じず乾燥肌だということに気がついていないケースです。自分はオイリー肌だと思っていて大人ニキビに悩んでいるなら、実はこのタイプなのかもしれません。

どんな肌でも油分が全く必要ないというわけではなく、洗顔で洗い取ってしまった後は必要な油分を補ってあげることが大切。肌の油分が不足すると、角質がきちんと再生されなくなり、かえって肌トラブルの原因になってしまいます。

保湿をきちんとして油分と水分のバランスを保つことで肌のターンオーバーが順調に行なわれ、ニキビ肌を予防することにもなるのです。脂が気になるからと洗い落とすばかりのお手入れは悪循環のもと。きちんと保湿ケアをして、健康な肌の状態を取り戻しましょう。

スキンケアチェック

化粧水を利用した、正しいスキンケアのススメ