思春期ニキビ

"青春のシンボル"には洗顔&規則正しい生活が有効

甘いもの等の食べすぎが原因に成長期でもある思春期(13~18歳ごろ)には、成長ホルモンの影響により皮脂腺の働きが活発になり、皮脂が多く分泌されます。
過剰に分泌された皮脂は毛穴の角質層を肥大させて毛穴をふさいだり、皮膚内で細菌の影響を受けて、分解され炎症を起こしてニキビになることが多いのです。

顔の中でもTゾーンと呼ばれる、特に皮脂分泌の多い額や鼻にできやすく、また皮脂の分泌量が増える春~夏にかけてニキビが増えるのも思春期ニキビの特徴です。年齢を重ね、徐々に皮脂の分泌が少なくなってくれば症状も自然に落ち着きます。

出すぎる皮脂を取り除かねばどんどんニキビが増えていきますから、こまめに洗顔して肌を清潔に保ちましょう。また、できるだけ油っこい食べものやスナック菓子、甘いものの食べすぎは避け、十分睡眠をとることも肌の健康にとっては重要です。

思春期をすぎた方には、大名町スキンクリニックでもおすすめしているスキンケア用品としてエンビロンがございます。ビタミンAが配合されておりカウンセリングが必要な商品ですが、エンビロン化粧品はニキビはもちろんあらゆる肌トラブルを防いでくれるおすすめのアイテムです。あわせてご紹介いたします。

その他のニキビとして、大人ニキビ首ニキビあごニキビなどもあります。あなたの症状をチェックしてください。

その他おすすめサイト

産婦人科の先生が推奨している葉酸についてしっておこう!葉酸の効果についてはこちら